家を建てる前にノウハウを知っておこう TOP > コンテンツ一覧 > 家を建てる際に適した時期とは?

家を建てる際に適した時期とは?

家を建てる際、適した時期というのがあるかどうか気になるところです。雪国であれば冬は避けたほうがよさそうですし、西のほうなら台風などが接近する時期は好ましくないかな、と思うことでしょう。

日本には四季がありますから、雨の多い時期や乾燥する季節などもあります。その中でやはり避けたいと思うのは雨の季節ではないでしょうか。また、太平洋側と日本海側では気候の差もありますので、一概に何月が一番適しているとは言いがたいようです。

それでもいくつかポイントがあるようです。例えば寒くなる前に外装工事を行うということ。逆算すると10月ごろに着工して11月に建前、屋根工事となるようです。もちろん家の規模によって違いがありますので、あくまでもこれは一例です。

また、気候以外にも子供さんをお持ちの家庭では学校関連のことも気になるようです。学期の途中で引越し、転校をするよりも、一年の初め、新学期に合わせて春休み中に引越しをするといいと言われています。

タイミングで言うと、減税や固定資産税などのタイミングにも影響するようです。7月ごろに着工、8月中旬に建前、屋根工事、12月に入ってから施工。新しい年を新しい家で迎えたい場合はこのパターンが理想のようです。